名古屋渋ビル手帖 第4号 西部偵察編 / メール便可

名古屋渋ビル手帖 第4号 西部偵察編 / メール便可

Regular price ¥550
/
(税込) 送料は購入手続き時に計算されます

2 点在庫あり

【創刊準備号プレゼントキャンペーン】
渋ビル手帖シリーズ(名古屋・愛知・鳥取)を2冊以上ご購入のお客様に創刊準備号(復刊無料版 表紙裏表紙含め24ページ) をプレゼント
部数限定なのでお早めにどうぞ。(複数回のご購入でも1冊のみ進呈)


■高度成長期の面影が色濃く残る名古屋の西側エリアを偵察

地味だけど味わい深い「渋ビル」への想いを存分に詰め込んだ小冊子「名古屋渋ビル手帖」。

第4号(通算では8冊目)は名古屋のJR東海道本線より西側のステキなビルを探しに出かけます。
高度成長期の面影が色濃く残るエリア。
張り切りすぎて名古屋をちょっとはみ出し、蟹江まで行ってしまいました。
【西部偵察】は西部警察のイントネーションで読んでいただけたら嬉しいです!


■CONTENTS
・築地口、柴田、大江、内田橋、中村・高畑、下之一色、戸田、蟹江の渋ビル
・潤いのビルパフェ
・コラム「LOVERS' NAGOYA番外編 築地口・名古屋港」(加藤幹泰)
・パーソナルビル診断
・ビルの宝箱「しゃくれ」

コラムでは大ナゴヤツアーズを主宰する加藤幹泰さんが、名古屋案内本「LOVERS' NAGOYA」の番外編を寄稿。
渋ビルを巡りながら味わいたい、港町の魅力あふれる喫茶店や町中華を紹介しています。


■名古屋渋ビル研究会について
同級生2人組(グラフィックデザイナーと建築家)による名古屋の渋いビルを愛でるユニット。
月1回程度、街歩きしながら2人の琴線に触れた渋ビルを褒めたり撮影したりしている。



サイズ:B6判 48ページ(表紙・裏表紙含む) カラー
発行日:2020年10月16日
パッケージ:なし
ブランド:名古屋渋ビル研究会
配送:宅配便、レターパックプラス、メール便(クリックポスト)



最近見た商品